ド田舎敷島の住人による雑記


by akbuzz
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31

ワールドGP開幕!!

当然女バレです




ねぇねぇ、見た?見た?

大友ちゃん大活躍♪


仕方ないよね、だって可愛いんだもん(● ̄(エ) ̄●)ゞ
いやぁ、最高(@^▽^@)

・・・落ち着こう。


ポーランドはやはりデカイ。
でも今日の日本は全然大きさへの対応は問題ないようだ。

今日の対戦を、高さvsスピードと言っている人も居るが、
個人的には高さvsスピード&繋ぎ だと思う。
まともに高さ勝負になったら話にならない。
かといって、スピードだけでは今日ほどの圧勝は出来ない。

やはり今日の最大の勝因は「拾う」部分であろう。
その要因となっているのが、レシーバーの充実ではないだろうか。

まずリベロに櫻井が入った事での安定感。
今までの日本は、やはりリベロといえども、狙われ続けるとミスが出てしまっていた。
しかし、サスガ櫻井。狙われても大きな乱れが殆ど無い。本物のリベロは違うね。
私がVリーグで唯一認めるリベロっす。

次に、レフトに高橋と吉澤が入ること。
従来、レフトに攻撃力を求めるあまり、かなりレシーブ面を捨てている感があった。
しかし今回のスタメンの2人はレシーブが良いからかなり安定する。

それもこれも、全て・・・

大友ちゃんがライトで活躍してるからなの♪


えへ(#^.^#)


レシーバーが相手のスパイクを拾うことが出来るっていうのは、
ブロッカーがしっかりコースに入っているという事になるのです。
ライト大友ちゃん の最大のメリットは、大友&杉山, 大友&宝来のどちらかの形が
作れる事が多いという事なのではないかなと思う。
この2枚はどちらの組み合わせでも十分世界クラス。
例えば、以前の場合、ライトがシン高橋。レフトはブロック苦手派が多い。
となると、やはりブロック面での弱さがあったと思う。基本的にセンター頼み。
ところが、今回は2枚揃うことが多い。これは大きい。
2枚つくだけで、レシーバーの負担も軽減される。これは非常に好循環。

あとは、メグ・カナ・レオが戻ってきたときに、どんな構成になるか?
ちょっと期待&不安。

柳本さんには、NECトライデント(大友・高橋・杉山)をデフォルトで考え続けて欲しいっす。
だって、やっぱこの3枚は別格よ。攻撃パターン数が違うよね。
3Dというくらいだから、この組み合わせ、外せないっしょ。


それにしても、ポーランドの1番のバックアタック。あれは凄いね。速過ぎる。
でも~、もっと凄いのは、大友ちゃんのバックアタック♪
着地の姿がタマラン(#^.^#)

・・・落ち着け、俺。


これ以外で、目だったのが、宝来のライトからのストレート打ちと、
吉澤のブロックアウトの取り方ですね。
今までの豪腕レフト中心のスタイルを捨て、実に自然な感じで
センター&ライト中心のスタイルに変移できていると思います。


そんなことを思いながら、大宮のスポーツバーで呑みながら観戦してました。
んでもって、帰宅後現在、もう一杯呑みながら復習中。
何度みても素敵っす。DVD焼いちゃおっと♪

ところで・・・かおる姫のヌキショット、なかなかねぇ~っすよ、☆さん(>_<)
by akbuzz | 2005-06-24 23:57 | 趣味